新春ふれあいの集い 盛況のうちに開催!


荒川区への想いと来年の区議選に向け決意を語る小坂まさみ

去る平成18年2月21日、今年も小坂まさみ新春ふれあいの集いがホテルラングウッド大広間において行われた。

春寒のなか、西川区長をはじめ松野弘子墨田区議会議員ら大勢の人達が小坂まさみ氏を励まそうと合い集った。

はじめに、小坂まさみ後援会の石巻伸夫氏が開会の挨拶に立ち、続いて新たに連合後援会長に就任した芝江貞徳氏が紹介された。

芝江氏は、「自分さえ良ければいいという風潮、事件が起きる昨今、小坂氏のような私利私欲で行動しない人は貴重であり、しっかりと支えていきたい。これからも御協力をお願いします。」と挨拶し、若いだけに活気に満ちた後援会運営が期待される。
西川区長は、「小坂さんの空いた席を見ると淋しい、ぜひ来年は戻ってきて欲しい。」と励ましの挨拶をされ、小坂氏も「都議選では力及ばず、皆さんの期待に添えず申し訳ありません。来年は新たな気持ちで区議会に挑戦したく存じますので、御力添えお願いします。」と挨拶し、満場の熱い拍手で迎えられた。


開会のことばを述べる
石巻伸夫氏


楽しい福引き抽選会


来年の区議選に向け
力を合わせ鏡開き


熱く就任のあいさつをする
芝江新会長


お忙しい中を来会した
西川太一郎区長

 

 

続いて、各地区の役員による鏡開きが威勢良く割られた。

宴たけなわの中、恒例のくじ引きが行われ、大島名産伊勢海老、クサヤ、旅行券など数多くの景品が用意された。

今年の特賞の自転車は、茶道の染山宗江先生に当たり、大いに盛り上がりを見せた。

御礼の挨拶を日下史章先生、閉会の挨拶を大久保信隆様より戴いた。

最後に締めの勝どきを、三水会会長の柏倉敬様より元気良く御発声頂き、盛会のうちに終了した。

昨年の都議会議員選挙後はじめての新春ふれあいの集いではあったが、尻すぼみすることなく、例年と違わず400名近い人が集まった事は、この会の結束力の強さを感じずにはおれない。
小坂氏も心強く感じたのではないだろうか。


激励に駆けつけてくれた
松野弘子墨田区議会議員