No.34  平成30年度荒川区議会定例会(2月14日)   (2019/03/11 (Mon))  

(04)事務局


平成30年度荒川区議会定例会・2月会議・2月14日(午前)(速報版)
荒川区議会チャンネルより
全編 2:20:03/小坂まさみ一般質問 0:27 - 1:28 付近


添付PDF文書 平成30年度2月議会一般質問 (161KB)

アップロードファイル 34.pdf

記事一覧に戻る

No.33  活動の動画配信を始めました。   (2019/02/15 (Fri))  

(04)事務局

掲載順次追加して参りますので小坂まさみの活躍にご期待ください。
まずは 「区政報告と選挙を語る」
11月16日(金)19:00~ 町屋文化センター 3F 会議室にて行われました
荒川区政の現状報告と、次回荒川区議会議員選挙に出る決意表明です。

2019/12/29 トップページ掲載記事

記事一覧に戻る

No.32  2018/11/14~15 富山・金沢視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2018/11/14~15
観光・文化推進調査特別委員会として富山・金沢へ視察に行きました。
・富山県障害者芸術文化支援センター「ばーと◎とやま」の取り組みについて視察と意見交換
・金沢市民芸術村の取り組みについて意見交換と視察

記事一覧に戻る

No.31  2018/10/31~11/2 長崎・佐賀視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2018/10/31~11/2
建設環境委員会の副委員長として長崎・佐賀へ視察に行きました。
・長崎市にて老朽危険空き家対策について意見交換とエコライフの取り組みの視察
・鳥栖市にて国内外で太陽光発電事業を展開している佐賀県内の企業の取り組みについて意見交換と視察

記事一覧に戻る

No.30  2018/9/3~5 山形・新潟視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2018/9/3~5
自由民主党荒川区議団として山形・新潟へ視察に行きました。
・鶴岡市に表敬訪問と藤沢周平記念館の視察
・村上市に表敬訪問と観光事業の振興策について意見交換
・新潟市にて児童相談所の運営について意見交換と視察

記事一覧に戻る

No.29  2018/3/26~28 沖縄視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2018/3/26~28
自由民主党荒川区議団として国境最前線の沖縄へ視察に行きました。
・那覇市にて航空自衛隊那覇基地と県立博物館を視察
・国頭郡本部町の美ら海水族館にて運営と管理の視察と意見交換
・恩納村の海の見える図書館にて運営と管理の視察と意見交換

記事一覧に戻る

No.28  2017/11/21 文京区・台東区視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2017/11/21
自由民主党荒川区議団として文京区と台東区へ視察に行きました。
・文京区と台東区の学校体育館の空調設備事業についての視察と意見交換

記事一覧に戻る

No.27  2017/11/6~8 石川・福井視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2017/11/6~8
文教・子育て支援委員会として石川・福井へ視察に行きました。
・金沢市にて金沢海みらい図書館の運営と金沢型学校教育モデルの意見交換と視察
・福井市にてふるさと文学館の運営の視察と県庁にて福井県知事と懇談

記事一覧に戻る

No.26  2017/7/24~25 青森視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2017/7/24~25
議会運営委員会の委員長として青森へ視察に行きました。
・弘前市にて市議会における議会と委員会運営のインターネット中継の視察と意見交換
・黒石市にて市議会における議会と委員会運営について視察と意見交換

記事一覧に戻る

No.25  2017/4/3~4 長崎・佐賀視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2017/4/3~4
自由民主党荒川区議団として長崎・佐賀へ視察に行きました。
・佐世保市のハウステンボスにて、イルミネーションの活用について視察
・唐津市にて文化交流の推進について意見交換

記事一覧に戻る

No.24  2017/3/28~29  三重・愛知視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2017/3/28~29
議会運営委員会の委員長として三重・愛知へ視察に行きました。
・津市にて市議会における委員会のインターネット中継についての意見交換と視察
・名古屋市にて市議会における委員会のインターネット中継についての意見交換と視察

記事一覧に戻る

No.23  2016/11/15 台東区視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2016/11/15
議会運営委員会の委員長として台東区へ視察に行きました。
・委員会におけるインターネット中継及び委員会室のカメラ設置について視察と意見交   換

記事一覧に戻る

No.22  2016/7/14~15 北海道視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2016/7/14~15
議会運営委員会の委員長として北海道へ視察に行きました。
・釧路市にて議会のインターネット中継と中学生の模擬議会の視察と意見交換
・白糠町にて議会だより等を活用した議会広報についての視察

記事一覧に戻る

No.21  2015/11/4~6 香川・滋賀・愛知視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2015/11/4~6
自由民主党荒川区議団として香川・滋賀・愛知へ視察に行きました。
・高松市の防災対策についての意見交換と視察
・近江八幡市にて生徒参加型トイレづくりの視察
・岡崎市にて図書館交流プラザ「りぷら」の視察と意見交換

記事一覧に戻る

No.20  2015/10/30 郡山市視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2015/10/30
総務企画委員会の委員長として郡山市へ視察に行きました。
・郡山市にてシティープロモーション推進事業の視察

記事一覧に戻る

No.19  2015/7/8~10 北海道・青森・岩手視察   (2019/01/26 (Sat))  

(04)事務局

2015/7/8~10
総務企画委員会の委員長として北海道・青森・岩手へ視察に行きました。
・函館市にて地域交流街づくりセンターへの取り組みについて意見交換と視察
・八戸市における創業支援の取り組みについて視察と意見交換
・盛岡市の総合計画の策定について視察

記事一覧に戻る

No.18  伊豆大島復興義援金を届けてきました   (2014/05/17 (Sat))  

(04)事務局

皆様からお寄せいただいた伊豆大島復興義援金を届けてきました。


 4月1日、小坂区議と事務局の植村、三井の3名で、芝浦桟橋へ。
 大島町議会議員でもある小坂区議のお兄さんとお会いし、伊豆大島復興義援金をお渡しするも、お兄さんが1日は東京に泊まるとの事、小坂区議はその足で義援金を渡すべく大島へ行くことに。
 残った二人とお兄さんでコーヒーを飲みながら小坂区議の裏話など聞きながら楽しい時間を過ごしました。
 翌4月2日「新春ふれあいの集い」で皆様からお寄せいただいた義援金¥106,157を伊豆大島の今後の復興に盛り上げる為に働く、一般社団法人『もてな島(代表野口安次郎氏)にお渡し致しました。
 野口様より皆様へ感謝とお礼のお言葉を頂きました。
  
 一日も早い復興を祈年すると共に、多くの義援金をくださった皆様に、感謝申し上げます。

アップロードファイル 18.jpg

記事一覧に戻る

No.17  平成26年1月   (2014/01/19 (Sun))  

(04)事務局

新年明けましておめでとうございます。今年の活動とこれからの予定です。

平成26年1月
  5日 成田山に参詣
  6日 荒川区主催の新年祝賀式
     午後 自民党区議団初顔合わせ
     夕方 東京都行政書士会の新年会、広聴活動
  7日 夕方 新年会、広聴活動
  8日 夕方 新年会、広聴活動
  9日 夕方 新年会、広聴活動
 10日 正午 地元氏神神社の新年祭
     夕方 東日暮里五丁目町会役員の新年会、広聴活動
 11日 夕方 新年会、広聴活動
 13日 正午 新成人のお祝の会
 14日 自由民主党荒川区議団団会議、その後広聴活動
 15日 夕方 新年会、広聴活動
 16日 午前 荒川区議会建設環境委員会
 17日 夕方 組合新年会、広聴活動
 19日 荒川消防団始式
     午後 尾久消防団始式
     夕方 荒川消防団新年会
 20日 午前 自由民主党荒川区議団団会議
     正午 東日暮里五丁目町会長寿会新年会
 22日 公共施設老朽化等対策特別委員会
     午前 区外視察
     午後 委員会室での調査
 23日 午前 組合新年会、広聴活動

記事一覧に戻る

No.16  相続税の課税強化 議長会が再考要望   (2013/02/19 (Tue))  

(04)事務局

 来年度税制改正大綱で相続税の課税強化が検討されていることを受け、特別区議会議長会(会長=高瀬三徳大田区議会議長)は1月21日、課税強化を行わないよう求める要望書を自民党税制調査会の野田毅会長に提出した。
区部の高額な路線価に配慮し、住民の生活に影響を与えないよう求めている。
高瀬会長ら4人の議長が同調査会の中川雅治幹事に手渡した。
 来年度税制改正大綱には、相続税の基礎控除額について、定額控除額などの引き下げ案を盛り込むことが検討されている。議長会はこの点について、「全国と比較して路線価が高い区部では、相続税が高額になるほか、新たに課税される住民が増加する」と指摘。
住民の生活に影響を与えかねないとして、再考を求めた。

都政新報に掲載

記事一覧に戻る

No.15  ≪まさみ通信≫   (2012/06/13 (Wed))  

(04)事務局

<東京スカイツリー行き急行バス運行始まる>

5月27日(日)東京スカイツリーがオープンして最初の日曜日、スカイツリー行きの急行バス(都08急行)の利用状況を見る為、日暮里駅から視察を行いました。
11:00発、乗客は17名位でした。
奥浅草のバス停では3名が下車、乗った人が5名でした。スカイツリー駅に交通渋滞で若干遅れて11:18到着。
私もここで下車。帰りのバスの時刻を確認、11:45発日暮里駅行きに乗ることに決め、それまでスカイツリーのショップ(ソラマチ)を散策することに。予想通り混雑し各ショップとも大変賑わっていました。
日暮里駅行きバスが4分遅れで到着。そのバスに乗ると乗客が少なく3人程でした。奥浅草の停留所からは7、8人が乗り一路 日暮里駅へ。12:10頃到着しました。
一緒に降りた老夫婦が「ちょうどお昼だから、どこかで美味しいチャーハンでも食べて行こう」と話しているのを聞き、このようなお客さんが増えれば商店の活性そして街の賑わいにつながると思いました。
オープンしたばかりで急行バスの運行を知らない人も多いので、もっと広報に力を入れないと!と実感しました。

東京都交通局ホームページ (都バス 運行系統 都08急行)

記事一覧に戻る

No.13  荒川区議会第60代議長に就任   (2012/06/13 (Wed))  

(04)事務局

5月29日(月)に開会されました荒川区議会 平成二十四年第一回臨時会において荒川区議会第60代議長に選任されました。
思えば 平成3年当選以来、多くの方々に支えられ信頼される政治を目指して今日まで邁進してまいりました。
206,100人を超える荒川区民の福祉の向上、荒川区の更なる発展をめざし、成果が得られるよう取り組んでまいる所存です。

<議員として所属する委員会>


・常任委員会・・・福祉区民生活委員会
・特別委員会・・・健康・危機管理対策調査委員会


<議長として出席する委員会>


・常任委員会・・・文教・子育て支援委員会
・特別委員会・・・観光・文化推進調査特別委員会
           議会運営委員会


議長になりましたので、改めて議会の仕組みを理解して頂くために、下記の資料を添付しましたのでご覧ください。

記事一覧に戻る

No.11  荒川区議会第3回定例会   (2012/01/06 (Fri))  

(04)事務局

荒川区議会第3回定例会において、自由民主党荒川区議会議員団を代表して平成22年度一般会計決算の認定について賛成討論をいたしました。

アップロードファイル 11.jpg

記事一覧に戻る

No.9  小坂まさみ通信 平成23年秋季号   (2011/11/01 (Tue))  

(04)事務局

荒川区放射線量測定開始
「放射線量の測定に関する緊急要望書」
自民党荒川区議団10月22日に提出

 荒川区では8月23日に首都大学東京の福士教授の協力により、区内6筒所で、すでに測定が実施されておりますが、(いずれも正常値内)国が10月21日に「当面の福島県以外の地域における周辺より放射線量の高い箇所への対応方針」を発表したことを受け、自民党荒川区議団では、翌22日「放射線量の測定に関する緊急要望書」を荒川区に提出いたしました。

要望書の内容
①測定に関しては専門機関である首都大学東京と協議し実施すること。
②小中学校、幼稚園、保育園において複数箇所測定すること。
③測定結果については区民に対し分かり易い情報提供と、適切な対応をとること。
④測定、除染等についての費用は国庫負担とすること。

放射線量測定を11月上句に実施
 自民党荒川区議団の緊急要望書提出を受け、11月上旬に首都大学東京の協力を得て、放射線測定を区内の小中学校、幼稚園、保育園全てで実施されます!!

今後の介護サービスについて

◎特養待機者数846名(平成23年8月現在)
 待機者の解消を図る
 平成24年3月南千住6丁目特養(100床)区負担7億
 整備23区中第4位に
 平成25年3月 町屋7丁目特養(140床)区負担8億
                 開設
【問題点】
①いったん、待機者数は減少するが、高齢者人口の増加に伴い、長期的に見れぱ一定の待機者数が発生する。
②国の特養に対する整備費補助平成17年廃止
 都の用地費への補助平成20年度着工分をもって廃止。
【着日点】
小規模特養(定員29名以下)の整備補助については、国の制度(4百万×整備床数)がまだある。
29床×4百万=1億1千6百万

※次回、平成23年第4回定例会(12月12日終了予)
 終了後にご報告いたします。

アップロードファイル 9.jpg

記事一覧に戻る

No.6  脳ドック受診助成事業について   (2011/09/05 (Mon))  

(04)事務局

本格的な夏を迎えましたが,皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、先日ホームページにおいて、自由民主党荒川区区議団で要望して、実現しました区民の脳ドック受診助成事業についてお知らせいたします。

助成対象
現年度から前々年度までの保険料を完納している40歳以上の国民健康保険又は後期高齢者医療制度の被保険者

助成内容
脳ドック受診費用の2分の1とし、2万円を限度とします。
2か年度を連続して助成を受けることはできません。

事業開始日
生成23年7月1日から申請受付を開始します。

助成の流れ
必ず、受診前に(受診予定の時点)に区への申請が必要です。
(1)区へ助成金を交付申請。(区役所1階11番窓口(管理係)へ申請。)
(2)申請者に交付決定通知書を郵送。
(3)区へ実績報告書を提出。
    受診医療機関が発行した領収書(写し可)及び助成金請求書(入
    金してほしい口座番号を記載)
(4)申請者へ交付額確定通知書を郵送
脳ドック受診助成金を申請者の口座に入金します。
* 詳しい情報は、荒川区公式ホームページ〜暮らしの情報〜国民健康保険〜指定保養施設〜脳ドック受診助成事業をクリックして確認をお願いします。

記事一覧に戻る

No.5  信頼される政治を   (2011/04/11 (Mon))  

(04)事務局

区民に信頼される政治により、荒川区民の活力みなぎる
心と心の通う元気あふれる笑顔の町に

①安全・安心で暮らしやすい街づくり
・ 災害に強い街づくり
・ 避難計画の充実を
・ クリーンエネルギーを取り組んだ荒川区の環境づくり
②中小企業の育成と進行
・ 産・学・官の連携のよる区内産業の育成
・ 歴史と伝統を取り入れた観光事業の充実と商店街の振興
③教育問題
・ 苦境にあってもたくましく生き抜く力を育てる
・ 人と人との絆(きずな)を大切にする教育を
「荒川区民をより良くいたい」という信念と情熱
約束を守る政治を実現し、国の政治を変えよう!

記事一覧に戻る

No.4  これからの議員活動で実現したい課題   (2011/04/11 (Mon))  

(04)事務局

・日暮里駅南口「もみじ橋」の架け替え・バリアフリー化
・日暮里中央通り、尾竹橋通り以東の電線地中化等の歩道整備
・他の自治体に比べ大きくリードしている集団回収事業のさらなる発展のための、
 リサイクルセンターの建設
・JR高崎線 東京駅乗り入れ急行電車の尾久駅停車
・JR常磐線 東京駅乗り入れ快速電車の南千住駅、三河島駅、日暮里駅への停車
・日暮里駅~東京スカイツリーの観光シャトルバスの運行
・西日暮里一丁目小鳩公園付近の冠水対策
・荒川区議会の通年開会

記事一覧に戻る

No.3  4年間の任期で実現しました   (2011/04/11 (Mon))  

(04)事務局

1、荒川区議会運営委員長として
①信頼される政治を回復するため、さらなる議会改革について決めました。
・第一次答申 (報酬基準を月割から日割に)
「議員、議長、副議長、委員長、副委員長が就任か退任する月の議員報酬の支払い方法等について」
・第二次答申 (議員の発言機会を増やす)
「議案に対する本会議修正案が提出された場合、討論の機会を保証する事について、幹事長会申し合わせの改正を行う」
・第三次答申 (海外への渡航について支度料を廃止)
「『荒川区議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例』における、支度料について廃止すること」
・第四次答申 (公務視察の旅費を見直し)
「『荒川区議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例』における、費用弁償の規定について、旅費規程を見直すこと」
②荒川区議会を常時開会できるように、調査研究を行いました。

2、観光文化推進調査特別委員長として
 世界遺産『熊野古道』と荒川区熊野前との関連を調査し、活力ある荒川区を作るため、観光資源になり得るか研究しました。

3、私達を取り巻く多くの課題に対し共通の認識を持つため、
『生活環境を考える会』を立ち上げました。
 専門家の方をお招きして講演会を開き、身近な問題について学びました。
・新型インフルエンザの脅威と対策
・現行の医療制度のあり方と問題点
・救命救急講習(AEDの実践)と消防団の役割
・地上波デジタル放送への移行にまつわる諸問題

4、歴史ある町、荒川区をもっと身近に感じるために……
・西日暮里3丁目・谷中の史跡めぐりを行いました。
・尾久八幡神社で講演会を開催し、尾久の歴史を学びました。
・南千住の歴史を探訪しました。
・徳川将軍家と寛永寺の歴史について、寛永寺でお話を伺いました

記事一覧に戻る

No.2  荒川区立小中学校の図書室は素晴らしい!   (2011/02/04 (Fri))  

(04)後援会

(子供達の読解力を伸ばす小中学校の読書環境)

現在、荒川区の監査委員の仕事をしております。区役所の各部署の職員・非常勤職員の人数並や、事業費が予算通り使われているかをチェックしています。
事業現場に行く事も多く区立小中学校や保育園、幼稚園への現場監査も行っています。

保育園、幼稚園には絵本がたくさん置かれ、利用頻度も高く、もっと絵本を充実させたいと願う園長先生もいらっしゃいます。また、区立の小中学校の図書室の素晴らしさにも驚かされました。
図書室内は父母のボランティアの皆さんによってデコレーションされ、明るく暖かい雰囲気に満ちた美しい空間となっており、子供達が長時間いても飽きないようにと工夫されています。
そして各校には図書指導員が常駐しており、本を借りる児童生徒に優しく接しています。
学校の説明では、図書指導員が配置されたことと、学校パワーアップ事業の予算を頂けたことが図書室の充実につながっているという事でした。

国は子供の学力向上の基礎として、読解力の向上を最優先に取り組んできていますが、荒川区はそれに先駆けてこの問題に取り組んできました。私が自民党区議団に在籍していた十数年前から『教育の原点は‘読み書き、そろばん’ ではないのか?』とたびたび質問をしてきた事を記憶しています。
西川区政になり、教育における読書の大切さを認め、幼少の頃から絵本に触れることや読み聞かせを推進し、現在のような図書室の実現につながりました。読書の好きな西川区長の思いが実を結んだように感じられます。

我々議会の提案と区長の大英断で区民に大きなサービスが提供出きるということは、正に政治の醍醐味と言えるのではないでしょうか。これからも荒川区、荒川区民のために良い仕事ができるよう頑張って参ります。

記事一覧に戻る

No.0へ返信