✰ 輝け 荒川区 ✰

平成28年10月嬉しい事がありました。

北海道町村議会議長 棚野白糠町長より

「この日暮里での味覚市は今回で2回目となります。荒川区の皆さんから気持ちよく迎えていただいておりますことにお礼申し上げます。北海道と東京との交流は大変なことではありますが、日暮里での物産展を通じて、荒川区の皆さんとの関係が深まり、大変仲良くなることが出来ました。お買い物に訪れる荒川区民の皆さんも、人柄も良く本当に気さくで心温まる交流をさせていただいていると感じております」

とのお言葉を頂き、荒川区民の一人として嬉しく思いました。

≪区民に寄りそう街づくり・幸福実感を目指して≫

✰【平成29年3月には、あらゆる世代が活用できる施設『ゆいの森あらかわ』(中央図書館・吉村昭記念文学館・子供施設)がオープンします】

・都内最大級の約60万冊の蔵書と800席の座席を備えています。

・図書館の大きな特徴は絵本を重点に置き、幼児から大人まで絵本を親しめる企画にもなっています。

・くつろげる空間としてカフェを設置します。

・特に吉村昭文学館には吉村昭先生が執筆に使用していた書斎が、奥様で作家の津村節子様より寄贈され、来館者に身近に感じられる展示がされます。乞うご期待です!

自民党区議団、文教・子育て支援委員会、担当部課で協議を重ね、立派な施設が完成すると信じています。

✰【日暮里地域の整備をします】

・西日暮里2丁目に現存する区職員寮

・障害者ピアホームを東日暮里2丁目の旧ふれあい館跡地に障害者のグループホームとして建設します。

・平成29年度、現在のピアホーム・職員寮の跡地には東日暮里保育園を建設します。

・東日暮里保育園の跡地には日暮里ふれあい館を建設します。日暮里ふれあい館は平成33年度に開設を予定しています、

・東日暮里6丁目で繊維街にあります、日暮里区民事務所予定地は29年度設計、30年度着工、31年度開設予定となっています。

・子供たちを守る児童相談所も29・30年度で設計、着工し平成32年度に開設を予定しています。

✰【尾久の宮前公園の整備にも着工します】

・区立宮前公園内保育園は29年度着工、30年度に開設予定。

・その後、旧小台橋小の解体に取り掛かります。その跡地に小台橋保育園を建設し、32年度に新小台橋保育園を開設する予定です。

・同じく宮前公園敷地内に新尾久図書館を建設し32年度に開設予定となります。

尾久図書館、保育園そして花や緑の溢れる公園を企画しています。

!荒川区のさらなる発展の為、頑張る所存です!